SNSマーケティング5つの施策と効果や各メディアの特徴

この記事を読んでわかること

  • SNSマーケティングの概要
  • 主要SNSの基礎知識


最近よく聞くようになった、SNSマーケティング。
とりあえずアカウントの運用はしているけど、正直どの媒体をどんな目的で使えばいいのかわからない、という声を耳にします。
本記事では、SNSマーケティングの施策と、主要なソーシャルメディアの特徴について解説しています。

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)とは?

SNS(social:社会の、社会的な / network:通信網)は、インターネット上で情報の拡散、共有、収集などができる、社会的な情報網・通信網を提供するサービスのことです。
 
SNSは、現在の生活になくてはならないものです。
連絡手段として、他社との交流のツールとして、検索ツールとして、非常に多くのユーザーが毎日利用しています。
膨大なユーザーに情報を届けることができるからこそ、SNSはマーケティングツールとしての価値が非常に高いのです。

また、SNSは一日に何度も利用されることが多いです。
例えば電車通勤の間に、レストランでの待ち時間に、非常に多くのユーザーがアプリを開いて利用しています。
同じコンテンツや広告を複数回にわたってユーザーに届く可能性があるため、SNSで閲覧したものは記憶にも残りやすいです。

SNS上では、特定の個人が多くのユーザーに注目されることで影響力を持つこともあり、それらのユーザーはインフルエンサーと呼ばれています。

SNSマーケティングとは?


SNSマーケティングとは、その名の通りSNSを活用したマーケティングで、以下のようなものが挙げられます。

・SNSアカウント運用
・SNS広告
・インフルエンサーマーケティング
・キャンペーン企画
・ソーシャルリスニング

それぞれについて、以下で解説していきます。

SNSアカウント運用

SNSマーケティング施策の中で最も取り組みやすいのが、アカウント運用です。
そもそもどの施策を行うにしてもアカウントは必須なので、アカウント運用せずにほかの施策だけを実施することはまずないでしょう。

SNSアカウント運用は、企業やブランド、商材の認知度を高めると同時にブランディングに効果があります。
アカウントを運用することでユーザーは企業との接点が増え、自社に対しての信頼感を大きくすることができます。
また、SNSではユーザー同士のコミュニケーションが発生し、さらに広く拡散されることで、新たなユーザーへの獲得にもつながっていきます。

SNS広告

SNS上で広告を配信するのもマーケティング施策の一つです。
画像・動画など訴求力の高いコンテンツを用いて、細かなターゲティングをしたうえで配信ができるので、購買意欲が高いユーザーに対してダイレクトな訴求が可能です。

SNS広告は比較的早く効果を実感できる施策です。
広告によって認知度を上げる効果も期待できるので、予算に余裕があれば試したい施策の一つになります。

インフルエンサーマーケティング

前述したインフルエンサーにPRを行ってもらう施策を、インフルエンサーマーケティングと言います。

多くのユーザーは、インフルエンサーを自分たちと同じ消費者だと認識しています。
そのため、宣伝・広告感をあまり与えることなく数万~数百万のフォロワーに訴求が可能です。
また、インフルエンサーのフォロワーは多くがそのファンなので、ファンとしての心理が働き購買につながりやすいという特徴もあります。

SNSキャンペーン

SNSキャンペーンはユーザー参加型の施策です。
例えば商品の抽選への参加条件を、"「#〇〇」をつけてInstagramに写真を投稿する"とすればユーザーが自発的に生成したコンテンツがSNS上で増え、拡散されます。
その結果、認知だけでなく、フォロワーの獲得や既存顧客のロイヤルティ増加、実店舗への来店の促進などの効果があります。

季節やイベントと絡められるものであれば、クリスマスやバレンタインなどのイベント時期に合わせてキャンペーンを実施することで、より大きな効果を望むことができます。
※SNSキャンペーンを行う際は、各ソーシャルメディアのガイドラインを確認し、抵触しないように気を付けましょう。

ソーシャルリスニング

ソーシャルリスニングとは、SNSだけでなくブログなどインターネット上でユーザーの声を集め、分析するWebマーケティング手法です。

SNSをはじめとするインターネット上では、従来のアンケート調査などに比べマイナスの意見も書きやすく、また匿名で手軽に発信できることからサービスを使用・体験してみてユーザーが本当に感じたことが書かれている場合が多くあります。
ユーザーの生の声を分析することで潜在的なニーズを見つけ出すこともでき、大いに自社ビジネスに生かすことができます。

SNSマーケティングのメリットとデメリット


SNSマーケティングには、以下のようなメリット、デメリットがあります。

メリット

一つめのメリットは、「費用がかからない」ことです。
費用をかけることなく、認知度向上やブランディングを行うことができます。
 SNS広告やインフルエンサーマーケティングなど特別な施策を実施するときを除き、費用が掛からないことは大きなメリットであり、取り組みやすい一因と言えます。

二つめは、「ユーザーと関係を築ける」ことです。
ユーザーとフォロワーという関係でつながることができ、相互に関わっていくことでロイヤルティ、LTVを高めることができます。
ユーザーをうまくファン化できたブランドはより多くのユーザーへと拡散されて、加速度的に認知度を高めることができるので新規ユーザーの獲得にもつながります。

デメリット

 一つ目のデメリットは、工数がかかることです。
SNSを運用してブランディングや広告など各施策に取り組みたい場合、継続して投稿を行い、フォロワーを獲得していくことが必須になります。
SNSアカウントを育てることは時間がかかるということを理解したうえで、キャンペーン企画なども組み合わせつつ地道にコツコツと運用していきましょう。
 
 二つ目は、炎上に気を付ける必要があることです。
特にTwitterなどの拡散力に優れたソーシャルメディアでは、投稿した内容に批判・差別的、ハラスメント的表現などが含まれていた場合、あっという間に拡散されて企業イメージを低下させてしまう恐れがありますので、投稿内容には十分に気を付けましょう。
 

SNSマーケティングで使われているメディアとその特徴

Facebook


Facebookの日本国内での国内月間アクティブユーザー数は2600万人です。(2019年時点、それ以降の公開無し。)
Facebookの特徴は実名制の利用であり、ターゲティングが精緻なことです。
また、ビジネス利用のユーザーが多く、年齢層が30代~40代が中心と比較的高めであることも挙げられます。

アカウント作成時の登録情報により精緻なターゲティングが可能になっているので、ターゲットユーザーにピンポイントで情報を届けるにはもってこいのメディアです。

従って、前述したSNSマーケティング施策の中ではSNS広告との相性がとてもよいです。
商材との相性もありますが、比較的クリック率が高くCPCが抑えられ、CPAがその他のメディアに比べてよくなる傾向があります。
SNS広告を出したい時は、まずはじめに検討する、運用するメディアになるでしょう。

Instagram


Instagramの国内アクティブユーザーは3300万人です。(2019年時点)
それ以降のユーザー数の公開はありませんが、着々と広がり続けていると言われています。
年齢層は20代を中心に、10代から50代まで幅広い年代のユーザーが使用しています。

Instagramの特徴は、写真がメインの投稿であることシェア機能がないので拡散力が高くないことです。
写真がメインなので、視覚で商材の魅力を伝えやすく、ユーザーの購買意欲も高いと言われています。
自分のページには過去の投稿が一覧で残るので、意識して投稿することでアカウントの世界観や独自性を構築し、フォロワーの記憶に残る優れたブランディングが可能になります。
拡散に関しては、「#(ハッシュタグ)」と呼ばれる投稿内容を一言で表したラベルのようなものを用いて投稿することで、フォロワーでないユーザーにも見つけてもらうことができるようになります。

写真の投稿が最大の特徴となるInstagramですから、ユーザーはInstagramで参考になる情報を探すことが容易です。
例えばカフェに行きたい時、事前にお店の雰囲気やメニューなどを画像で確認したいですよね。
そのため、Instagramは検索ツールとしても利用されています。
投稿を保存する機能もあるので、気になった投稿や参考にしたい情報をいつでも簡単に見返すことも可能です。

Instagramは、SNS広告と相性が良いです。
Facebookと同じくMeta社(旧Facebook社)が提供しているアプリなので、Facebookにも登録しているユーザーに対しては同じように精密なターゲティングが可能です。
何より広告感が少なくユーザーに対して嫌悪感を与えることが少ないと言われています。

また、インスタグラマーと呼ばれるインフルエンサーにPR・拡散してもらうことで、購買意欲の高い多くのユーザーに情報を届けられることから、インフルエンサーマーケティングとも相性が良いです。

このようにInstagramは、SNSマーケティングの色々な施策と相性が良いです。
いまだ勢いがあり、また幅広い施策が実施可能なので、SNSマーケティングを実施したいと考えているのであれば、基本的に運用した方がいいソーシャルメディアになります。

Twitter


Twitterの国内アクティブユーザーは4500万人(2017年時点)。
現状、国内で使われている主要なソーシャルメディアでは、LINEに次いで多いユーザー数を誇ります。

Twitterの特徴は、拡散力とリアルタイム性にあります。
リツイートというシェア機能(他アカウントの投稿を拡散する機能)が備わっており、ニュースや情報が瞬く間に拡散されるので、情報の鮮度がよいです。
そのリアルタイム性から、Twitterは情報収集ツールとしての側面も持っています。特に若年層を中心に、検索エンジンではなくTwitterで情報収集するユーザーも多いと言われています。

また、匿名性なので投稿にはユーザーの本音が表れやすいともいわれています。
このことからソーシャルリスニングとの相性がよく、うまく活用することでユーザーの意見を商材に活かしていくことができます。

LINE


LINEの国内アクティブユーザー数は8900万人以上(2021年時点)となっており、現在日本で最も利用者が多いSNSです。
LINEの特徴としては、投稿ではなくユーザー間でメッセージのやり取りをする目的で利用するユーザーが大半であることが挙げられます。
そのため拡散力には優れていないものの、友達登録されていれば顧客獲得後のCRMツールとして非常に強力です。

LINEでユーザーに直接メッセージを送ることで、メールよりも高い確率で見てもらうことができます。
お得な情報を配信したり、アフターフォローを充実させることで、顧客のロイヤルティやLTVを高めることができます。
ECサイトなどを運営しており、売上の最大化を図りたい場合、LINEの公式アカウントを作成しておくとよいでしょう。

TikTok


TikTokの国内アクティブユーザーは、950万人(2018年時点)です。
それ以降日本国内のユーザー数については公開されていませんが、2021年9月時点でユーザー数は世界で10億人を突破しており、日本でも若年層を中心に広がり続けています。
年齢層は、10代~20代を中心に若年層のユーザーが多いですが、最近では30代以上のユーザーも増えてきています。
Tiktokは少し前まではダンス動画などが中心で、まだそのイメージがぬぐえない方もいるかもしれませんが、最近、ビジネス利用が進んでいるソーシャルメディアの一つです。
TikTokの特徴は、15秒の短い動画投稿で宣伝色が薄く、動画コンテンツとして楽しみやすいことです。また、フォロワーが少なくても再生回数を稼ぎやすく、サービスやブランドの認知度を上げることができます。

ティックトッカーと呼ばれるインフルエンサーに、普段の投稿と同じ様子でPR動画を発信してもらうことで、商材を身近に感じてもらい、購入へのハードルを下げることができます。
カジュアルな分、ラグジュアリーなブランディングは困難ですが、基本的にインフルエンサーマーケティングとはとても相性が良いソーシャルメディアの一つです。

TikTok上で、企業コンテンツの作成を促すことができるマーケティング手法を「ハッシュタグチャレンジ」といいます。
ハッシュタグチャレンジはTikTok広告の一種であり、低単価のBtoC商材の販促キャンペーンにおいて高い費用対効果を発揮します。
うまくいけば、ユーザーを巻き込んで自社ブランドのファンを増やしながら、非常に多くのユーザーへと拡散していきます。


まとめ

SNSは、サービスやブランドの認知度を上げるためにはもってこいのツールです。
いまやSNSのマーケティング利用はビジネスに必須といっても過言ではありません。
本記事で解説したSNSマーケティング施策や各ソーシャルメディアの特徴を理解できたら、まずは好きなメディアを選んで運用を始めてみましょう。

SNS広告やインフルエンサーマーケティングの成功事例をご覧になりたい方は、下記からダウンロードいただけます。
成功事例集をダウンロードする

Webマーケティング施策でお悩みの方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら